« 印刷データの脅威となるのか「Google Cloud Print」プリントネクスト2010&東青協08-09役員打ち上げ »

東青協議員も占有率が高いiPhoneの可能性

東青協議員も占有率が高いiPhoneの可能性

パーマリンク 2010/04/19 12:59:44 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

東青協役員の打ち上げも終わり
「プリントネクスト2010後の動き」シリーズ名は、
省き 気になるニュースを徒然に書いていきます

集客用広告としての「iPhoneの可能性」

iPhoneは、印刷業界の中でも持っている人が増えてきた
東青協議員の中でも占有率は10%位になってきたのだろうか B)

議員の年齢も 宇宙戦艦ヤマト世代 機動戦士ガンダム世代を
越えて ヱヴァンゲリヲン世代に行こうしてきています

ローソンが、業界初のARプロジェクトiPhoneを使い
「ヱヴァンゲリヲン初号機」が箱根に出現させる
☆昨年のお台場原寸大「ガンダム」とは違う方法

株式会社ローソンは、4月23日から5月17日までの期間限定で
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 Blu‐ray&DVD」の発売を
記念してキャンペーンを実施する。
今回のキャンペーンは、コンビニ業界初の試みとして、
拡張現実(Augmented Reality)の手法を活用した
「ARヱヴァンゲリヲン初号機出現プロジェクト」を開催する

また、同作品の舞台となっている箱根仙石原の店舗を、
ヱヴァンゲリヲン仕様に装飾したフラッグシップ店として展開し、
全国のローソン8676店舗では、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」
とのタイアップ商品の販売やスタンプラリーを実施する。

「ARヱヴァンゲリヲン初号機出現プロジェクト」は、
ローソンの専用キャンペーンサイトで配布するオリジナルの
iPhoneアプリ(ローソンヱヴァンゲリヲンARアプリ)を
ダウンロードし、特定の個所にiPhone3G・3GS端末カメラを
かざすと、iPhone上に約80メートルの「ヱヴァンゲリヲン初号機」が
3Dでその場にあるように見え、携帯電話のカメラで撮影することができる。

また、iPhoneで出現させた「ARヱヴァンゲリヲン初号機」のコメントを、
撮影した写真と共にTwitter上でつぶやくことが可能。
iPhoneからのつぶやきは、風景に仮想的に添付されたデジタル情報
(エアタグ)に保存され、特定個所に来場したファン同士のコメント・
画像の共有が可能となるそうだ

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

モデレーション待ちのフィードバック

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 5 件あります....

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年9月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

東京印刷工業組合(東印工組)に所属する東京青年印刷人協議会(東青協)の 活動を報告する為に 広報担当が製作している独自のブログです。 東青協の活動を多くの印刷関係の方、及び  各支部青年会員・全国青年印刷人協議会(全青協)・印刷産業青年連絡協議会(印青連)等の 方々に 知って頂くために作りました。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS