アーカイブ: 2010年2月

プリントネクスト2010後の動き 2

パーマリンク 2010/02/28 00:35:40 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

Twitter」 ツイッターのつぶやきが心揺さぶるかも

家庭を持つもとしては不謹慎かもしれないが
行きつけのお店から「声」が かかると嬉しいものだ
「生きの良いネタがあるよ~」「今日は、特別サービスだよ~」
「今日は、料理が特別価格だよ~」「タイムセールするよ~」
「お店に出るから行こう~」「今日から新人が・・・」などなど
直接、メールが着たり 電話だったり 入口で声をかけられたり・・・:lalala:

最近のヤングは、「店の主人の小さなつぶやきが聞こえるらしい」
「ヤングは、情報に敏感だし 耳が良いからなぁ~」などと書くと
馬鹿にされそうなので「ボケた話」はこの辺で終わりにして本題です :P

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リクルート、ホットペッパーのグルメサイト『FooMoo』がTwitterと連携
店舗が「今から生ビール半額!」のつぶやきなど始めました
ホットペッパーのグルメサイト『FooMoo』( http://www.hotpepper.jp/ )では
2月25日からTwitterと連携して、『FooMoo』に掲載(2万店のつぶやき)

『FooMoo』の掲載店舗は『FooMoo』広告管理画面から、
店舗情報やクーポン情報などを簡単にTwitterにつぶやく事ができる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これにより「今から2時間限定で生ビール半額!」
今なら個室が空いています!」などリアルタイムに告知ができ
ユーザーにとっては、お気に入りのお店をフォローすることで、
クーポン情報やお店の情報をリアルタイムに知ることができる仕組み 

繁華街を歩いていて「社長!いいネタいるよ♪」と声をかけられたり
入口の看板で知った「本日のおすすめ」が
携帯やパソコンが多くの人に お得意様のような感じで
「特別ですよ~お待ちしてます」と声をかける様なことでしょうか・・・

やはりリアルタイムな情報発信は、紙媒体には苦手かなぁ~ B)

プリントネクスト2010後の動き 1

パーマリンク 2010/02/27 20:24:47 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

プリントネクスト2010も無事終了して 東青協も残す定例会は、
熱海で開催される「最終定例会」となった

東京青年印刷人協議会」PRの為に ブログを任された
IT委員会としては、東青協PR用の記事として、そろそろ一区切りになるので
これから気楽に「プリネク後の身近な動き」について徒然にピックアップして
怒られない程度に 書いていこうと思う B)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

=> 「日本経済新聞 電子版」創刊

日本経済新聞社は、「日本経済新聞 電子版」( http://www.nikkei.com/ )を3月23日に創刊する。3月1日より受付を開始する。

電子版は24時間体制でニュースを更新、紙の新聞の記事にとどまらず、日経グループ各社や海外メディアなどの記事も配信するとしている
*電子版は4月末まで無料提供される

プリントネクスト2010 開催準備中の業界状況

パーマリンク 2010/02/26 20:03:50 著者: print メール
カテゴリ: 4.ブロック(長会)通信, B・印刷業界情報

プリントネクスト2010は、2月上旬に大好評で
終了しました!  終了後、ビジネスニュースになりましたが
印刷業界も関係する「2009年度の広告費の報告」等が
電通によりまとめられました B)

電通の発表した2009年の日本の広告費は、遂にネット広告が
新聞広告を抜くなど、広告業界内でも注目を集めるニュースと
なっていますが 数値で見るとネット広告は、横ばいだが
新聞広告が下げすぎて起きた現象の様である

それにしても広告費の減少が止まらない事に対して危機感を覚える
2007年に7兆円あったはずの総広告費は、
2008年:6兆7000億円 ⇒ 2009年:5兆円台になった
88|

広告費が1年間で7700億円も、市場から消えてしまった事になる
7700億円もの売上は どこに消えてしまったのか? |-|

これだけの額の売上が消えて、印刷業界で働く我々への影響が
ないはずがない
果たして、社会に今何が起こっているのだろうか

印刷業界のも関係する広告として考えると
マスコミ4媒体はいくら失ったのだろうか

広告の中で最も落ち込みが激しいと言われているマス4媒体だが、
昨年からどの程度の広告費が消えたのか

前年との減少額を個別に比較
テレビ 1953億円減少
新聞 1537億円減少
雑誌 1044億円減少
ラジオ 179億円減少

マス4媒体だけで合計4713億円の減少と、消えた7700億円の
6割を占めている で、残り4割が DMやチラシ、サイン広告
等だと考えると恐ろしくなる

電通がまとめた報告書のタイトルには、

2009 年の日本の広告費は5 兆9,222 億円、前年比11.5%減
―2 年連続で減少、インターネット、衛星メディア関連以外の各媒体が減少―

の文字が載っている 詳しい数字が書いてある「HP」が
PDF形式になっているので 文字を大きくして 小春日和に
日向ぼっこをしながら じっくり読んでみてはいかがですか :.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

印刷会社は、「モノづくり」企業

パーマリンク 2010/02/25 18:57:05 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

城南支部の気生堂印刷が大田区の優良企業として選ばれ
展示会へ出展したので見に行った大田区工業フェアで
大田区など下町を舞台とした
下町鉄工所奮闘記「ナッちゃん」東京編
の作者たなかじゅん先生に会いました B)

Team 職人魂」のブースで本の販売と
サイン会をしていたので 本を購入後
ブース内を見せてもらいました

空気の膨張・縮小を動力に変えるエコ機関
スターリングエンジン」が前回見た時より進化
「水平対向型スターリングエンジン」が展示してありました
また 空気の特性を使った「ドライアイス型エンジン」
教育用ロボットも展示 金属の動きをみるとワクワクします

印刷機は、歯車とばねの金属の塊 しかも紙(素材)の加工業
話を聞くと漫画家のたなかじゅん先生は、講演会も
されているとのこと モノづくりの印刷組合
印刷組合でも講演会開いて欲しいなぁ~」
:lalala:

大田区 優工場 株式会社 気生堂印刷

パーマリンク 2010/02/24 23:09:20 著者: print メール
カテゴリ: A・印刷会社

第14回おおた工業フェア2010開催

大田区で高度技術・技能展が開催された
街工場が多い大田区ならではのイベントとして
「おおた工業フェア」は、認知されていて
多くの技術力のある会社、PRを目的とした企業・団体 
などがブースを出展しています

今年は、城南支部印刷組合での仲間の会社
気生堂印刷さんが大田区の優良工場に選ばれた事もあり
出展したので行ってきました B)

気生堂印刷さんは、「町の印刷屋さん」として出展
自社の製品だけはなく 城南支部内の印刷会社の製品や
都内の他の地区の製品も展示を行い ブース内には
案内パネルだけではなく本や箱、カードなど多くの
サンプル品で埋め尽くされていました
鈴川社長自ら印刷の身近さ、紙製品の素晴らしさを
見に来た人に話していました

カタログにしてもDMやチラシにしてもワンストップで
行う総合印刷会社として高い技術力を感じることができる
ブースでした

=======================

日時
2010年2月14日・15日・16日
10時~17時(最終日 16時まで)
会場
大田区産業プラザPIO
各セミナー、講演会、特別上映会 同時開催

◆イベント
工場見学バスツアー 2月14日~15日
おおた少年少女発明クラブ作品展 2月16日
ロボットデザインコンテスト 2月16日
中古工具店 2月14日~16日

=========================

お出かけは、エコバックを持って行こう

パーマリンク 2010/02/23 19:40:40 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

プリントネクスト2010 報告4

プリントネクスト2010が終了しスタッフが
各ゾーンや制作の報告がまとめられたり
打ち上げが開催されたり 当日の疲れもしだいに
癒されてきています

今回、当日の資料を入れる袋として 紙の袋では無く
エコバック」を採用しました
この「エコバック」 デザインを「ワビサビ」さんが
作っただけあって 普段使いにも違和感なく使えます

我家では今日も近所のスーパーへの買い物に大活躍
オヤジの買い物袋は、当分「プリネクエコバック」です

ビジネスコラボレーション PART3

パーマリンク 2010/02/22 12:47:57 著者: print メール
カテゴリ: B・印刷業界情報

平成22年2月18日に東京都印刷工業組合
経営革新委員会とマーケティング委員会
全日本印刷工業組合連合会、マーケティング部

各委員会合同で「ビジネスコラボレーション PART3」を
日本印刷会館2階の会議室で開催した

時間は、3時間(16時~19時) 
6社のプレゼン(各社20分)と
その後に、スペースを作り懇親会を兼ねた商談会を
行った B)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.日時 平成22年2月18日(木)16:00~19:00
2.場所 日本印刷会館2階会議室
3.テーマ 「今日からできるビジネスコラボレーションPart3」
―仲間6社からのプレゼンテーションと商品紹介―
4.プレゼンテーション企業6社
・㈱昇文堂••••••••••••••「オリジナルトランプのご提案」
・㈱セントラルプロフィックス••
「四六全本機校正対応やUVインクジェットによる大判印刷対応他」
・㈱長英••••••••••••••••
「東日本第1位のイルミネーションとレンチキュラーカード」
・㈲杉山紙工所••••••••••「一枚で往復・再利用が出来る封筒のご提案」
・㈱新嶺印刷••••••••••••「伝票印刷とWeb広告の導入について」
・奥村印刷㈱••••••••••••
「入稿チェック用ソフトDTPファイルLauncherのご提案」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は、社員数100名位の会社から 6名位の会社まで
印刷に関連しているが 内容も経費のかけ方もさまざま
インターネット経由でPRしたり 動画を流したり
手作り感たっぷりのパワーポイントを流したり
各社なりに工夫をした プレゼント大会となった

今回でプレゼン大会は3回目になるが
一口に印刷関連といってもその製品の幅は広く
業態変革の波は、会社の大小は関係無いのだと思います
結果は、後々検証するとして 少しの挑戦もやらないよりは、
良いのです

成功の反対は、失敗ではなく 何もしない事」なのです
業界全体が縮小傾向にある現在 経営方法は、現在に満足することなく
多岐に目を配ることも大切なのだと感じました :lalala:

組合員の集い2010年 東青協集合写真

パーマリンク 2010/02/20 12:50:46 著者: print メール
カテゴリ: B・印刷業界情報

19日金曜日に「組合員の集い」を開催

講演会&懇親会を行いました
場所:浅草ビューホテル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プログラム

=>第一部 16時30分~
開会挨拶 東京都印刷工業組合 理事長 水上光啓
講演会
演題:日本でいちばん大切にしたい会社2
講師:法政大学教授「坂本光司先生」



=>第二部 18時~
挨拶・来賓祝辞・新加入組合員のご紹介・乾杯
東京都印刷産業議員連盟議員の紹介
抽選会
アトラクション:東京外国語大学ブラジル研究会
中締め
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

懇親会のイベントとして恒例のプレゼント抽選会の
ほかに浅草と言えば「サンバカーニバル

学生によるサンバの音楽に乗せて「サンバダンス」が
開催されました 会場内は、飾りをまとった
ビキニのお姉さんでいっぺんに華やかになりました

懇親会終了後 東青協現役&OBによる
「記念集合写真撮影会」が行われました B)

:idea: プライバシー保護の為 画像小さめです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今期、印刷会館で行う最後の定例会が終了して・・・

パーマリンク 2010/02/18 22:34:29 著者: print メール
カテゴリ: 2010年

東青協の今期の活動も残すところ 3月の最終定例会のみと
なりました 開催場所が例年通り「熱海」なので
17日の定例会が印刷会館で行う最後の定例会となりました

定例会の内容は、前回書いた通りなので省きますが
今期最後の印刷会館で食べる「お弁当」なのかと思い
味わっていただきました   *写真は、ハンバーグ弁当 B)

 

東青協30周年式典後に瀬田議長を中心に新しい二年間が
始まり 勉強したり、語り合ったり、酒を飲んだり 
平坦な道ばかりではなく 躓きそうになりながらも 
前を向いて進んで来たのだと自信を持って言えます :p

定例会に先駆けて 東青協議長・副議長が「日本印刷新聞」様
から2年間の活動報告や思い出について取材を受けました ;D

さて、いよいよ最終定例会です
定例会前に皆で寒桜咲く山を見ながら「ビーチバレーin熱海」を
開催します   ◆全員参加でお願いします 

小春日和だといいなぁ~ :>>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東青協定例会 研修テーマ「見える化」のすすめ

パーマリンク 2010/02/17 23:10:15 著者: print メール
カテゴリ: 2010年

17日の東青協定例会では、講師に佐竹一郎氏をお迎えし
長年にわたってMISによる経営情報の「見える化」に
取り組まれ、大きな成果を挙げてこられた
経営革新委員会で絶賛された「見える化」についての研修会
を行った B)

研修会事業の最後となる今回 多くの東青協議員 
及び オブザーバーの方々が参加した 

数値化により目で見える形で合理化が行われ
一人一人がコスト削減の為、無駄を省くように
行動していく姿が 目に浮かぶような講義内容となった

本日の「コスト管理のモデルケース」を
自社の変革にお役立て下さい

========================

1.日 時 平成22年2月17日(水) 19:00~21:00
(軽食をご用意いたします)

2.場 所 日本印刷会館 2階会議室
(中央区新富1-16-8 電話03-3552-4021)

3.研修テーマ 「業務情報の見える化」で収益力5%UPを目指そう
~社員全員に「個人事業主」意識を~

4.講 師 大東印刷工業㈱ 代表取締役社長 佐竹一郎氏

=========================

プリネク報告3 「あきたこまち」予約受付中

パーマリンク 2010/02/16 13:32:59 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

PRINTNEXT2010に出展いただいた企業の中からアワード委員会
がグランプリに選んだ「秋田印刷製本㈱」は、
地元小規模農家を元気に」をスローガンに新ビジネスモデルを
展開しています

秋田印刷製本㈱」の大門一平様が受賞した業態変革
印刷会社が作った 一つの水田で収穫されたお米
「単一農家米R-100 おいしいあきたこまち」

=> 【特徴
ほかの農家の米とブレンドされてない
1キロずつ筒に小分けしてある
真空パックなので新鮮なままお届け
冷蔵庫にもそのまま保存できる
ご贈答用にも配慮した箱を用意

22年度産「あきたこまち」予約受付中
1kg × 5本セット 4,000円
1kg × 3本セット 2,700円

詳しくは、ホームページをご覧ください
http://www.akitainsatu.co.jp

==============
秋田印刷製本株式会社
秋田市御所野湯本2-1-9
電話 018-839-7554
FAX 018-829-1291
==============

新聞もメディアとして困難な時代なのか

パーマリンク 2010/02/15 12:55:54 著者: print メール
カテゴリ: B・印刷業界情報

紙の需要が下がっています
以前、紙は日本人にとって経済力示すものでした
下記のような報道があると これからは、紙媒体を
使った印刷のあり方を慎重に考えなくてはならない
時代になりました B)

===========================

朝日新聞 一部地域で夕刊を廃止
朝日新聞は、大分県と佐賀県で夕刊を廃止すると発表した。
廃止は3月末で、夕刊に掲載されているコラムなどは朝刊に
掲載される。

朝日新聞夕刊の部数は、大分県が約4600部、佐賀県が約760部

===========================

第8回 東青協定例会は、研修会

パーマリンク 2010/02/13 19:25:35 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協関連

東青協の研修事業では会社経営の基礎に焦点を当てて来ました
東青協の一大イベント“PrintNext2010”が無事に終わってもなお、
経営の基礎研修に終わりはありません。:>>

17日の東青協定例会では「研修会:コスト管理と収益改善」を行います
講師の佐竹一郎氏は長年にわたってMISによる経営情報の「見える化」に
取り組まれ、大きな成果を挙げてこられました。
経営革新委員会で絶賛された研修を東青協の皆様にもご紹介いたします。
この機会に是非、コスト管理のモデルケースを学んで頂き、
自社の変革にお役立て下さい。

1.日 時 平成22年2月17日(水) 19:00~21:00
(軽食をご用意いたします)

2.場 所 日本印刷会館 2階会議室
(中央区新富1-16-8 電話03-3552-4021)

3.研修テーマ 「業務情報の見える化」で収益力5%UPを目指そう
~社員全員に「個人事業主」意識を~

4.講 師 大東印刷工業㈱ 代表取締役社長 佐竹一郎氏

HP Indigo7000DP が展示してありました

パーマリンク 2010/02/11 21:18:48 著者: print メール
カテゴリ: B・印刷業界情報

JAGAT(日本印刷技術協会)は、2010年2月3日~5日まで、
池袋のサンシャインシティコンベンションセンターTOKYOにおいて、
印刷・メディア業界の展示会「PAGE2010」を開催しました

今回のテーマは「新生グラフィックビジネス
22回目を迎えたイベントでDTPをはじめ、プリプレス関連の展示、
ITソリューション、クロスメディア関連の展示などが行われるほか、
各種セミナーなども行われました

PAGE2010」で感じたこと B)

PAGE2010に行っての感想を少し書きます
会場内は、かなりの人で混んでいました

場所柄、大きな印刷は置いていないのですが
その中で目を引いたのは、日本ヒューレット・パッカード㈱
HP [ Indigo7000Digital Press ]
オフセット品質に大量印刷向けの生産性を兼ねたデジタル印刷機

説明では、紙の流れを止めることなく 無駄な色出しの時間を
使うことなく 印刷内容が変えられ 無駄なヤレ紙も作らないので
「エコ」なのだそうです 
それにしてもプリンター式がここまで
(印刷機の領域)来たかと 改めて感じました

その他 いろいろ見ましたが 電子辞書や電子書籍に使われる
見やすい電子文字など 今までになく 電子媒体への移行を
匂わせるイベントだったように思います

紙の手軽さ再生しやすさも含め 
紙媒体の必要意義も考えさせられました
:lalala:

プリントネクスト2010を終えて・・・報告2

パーマリンク 2010/02/09 12:32:39 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

ついに 東京に絵本部ができました B)

えほん部 ドット コム】 「Ehonbu.com

絵本を作りたい そんな個人の方に朗報
持ち込んだ絵で作るもよし、絵を書いてもらうのもよし
16ページ 10冊 限定で 絵本部がお手伝いします

東京青年印刷人協議会は、瀬田議長が旗振り役となり
本年度「感性価値創造事業」として様々な事業を立ち上げて
来ました

その中で今回 紙媒体である「絵本」制作について
「感性価値創造事業」の実例完成発表としたブースを
プリントネクスト2010で作りました

その名も「えほん部.COM
ストーリーなどを想像し感性で絵本を創る
「絵本」として個人の想いを形にできる
すばらしい「感性価値創造事業」である

えほん部ホームページ
http://ehonbu.com/

プリントネクスト2010を終えて・・・報告1

パーマリンク 2010/02/08 12:54:25 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

未来の印刷」大賞報告
小中学生を対象に募集した「未来の印刷」は、絵と作文
50以上の作品が集まり6日に各賞の発表があった

発表式では、受賞者の家族や作品に応募してくださった方々
関係者の方々で5階の受賞会場の席は一杯になった

その熱気を帯びた中、各賞が発表された

=======================

=> 最優秀賞 作文 11歳 男子
「未来の印刷」 夜遅くまで一生懸命働いているお父さん。
早く帰ってこられるように印刷機のスピード化を願う優しい気持ちが
伝わってきます。印刷物を長く使えるようインキや紙質、加工方法に
よって耐久性を高めることや、逆に再生紙として使おうとする我々大人の
考えとは異なり、時が経過すると白紙になり、全く別の用途に使えるという
新しい発想が高く評価されました。
「会社を見に行きたくなった」。素直に「ありがとう」と言いたくなりますね

=> 最優秀賞 絵 14歳 女子
「未来の合作」 「未来は誰でも絵本作家になれる」。
全ての人が能力や技術の違いを乗り越え、自分たちの思いを語るだけで
絵本というカタチにできる、楽しく素敵な未来を描いてくれました。
まさにユニバーサルな発想と共に、デジタルとアナログの融合の未来を
感じさせてくれています。絵の力も秀逸でした。

=> 優秀賞  絵 11歳 男子
「未来の印刷はすごい!!」
学校の掲示板にある優秀な啓発ポスターを思い起こさせるような出来栄えです。
印刷物から現物が飛び出すイメージをインパクトのある絵で、
分かりやすく表現しているところが高く評価されました。
びっくりしている男の子も表情も最高です。

=> 優秀賞  絵  7歳 女子
「そらとぶ印刷」
今回の企画は、実は「未来の印刷」を絵や作文で表現して
いただくことが本当の目的ではなく、絵や作文を制作する過程で
繰り広げられる親子の対話や、その対話によって得られる
お父さんやお母さんの仕事の理解など、親子の相互理解を目的と
していました。本作品では、おそらくお父さんは印刷工場に
お子さんを連れていったのでしょう。機械を見て一生懸命描いたことが
伝わってきます。思わず「ありがとう」と言いたくなる作品です。

=> 優秀賞 作文 女子
「未来の印刷」
子供たちの空想するものが実現化していく未来を年賀状を例に挙げ
説明してくれました。二次元から三次元、音声化や動くものまで
その発想を展開させていく様子は子供たちの空想の楽しさが
伝わってきます。そして未来へ向かうために思った自分の願いを
綴った後半部分には審査員一同、感動しました。

=> 特別賞(低学年) 絵 7歳 女子
「くもにいんさつ」
普段会えないおばあちゃんへの伝える手段として「未来の印刷」を
表現してくれました。お子さんのおばあちゃんを思う
やさしい気持ちが伝わってきます。

=> 特別賞(低学年) 絵 9歳 男子
「未来のカード印刷
優秀賞「そらとぶ印刷」同様、お子さんが実際に工場を見に
行ったことや、お父さんと対話して一生懸命書いてくれたことが
伝わる力作です。

=> 特別賞(高学年) 絵 12歳 女子
「未来の洋服づくり」
自分の考えたデザインの服をそのまま作ることができる、
夢の印刷機を描いてくれました。大好きな洋服について、
楽しく描いてくれたことが伝わってきます。

=> 特別賞 作文 8歳 女子
「私とお父さんのゆめ」
「お父さんの会社にお願いしたい3つのこと」微笑ましいです。
お父さんの会社を想う最後の一文、涙が出そうになりました。

=> 特別賞 作文 10歳 女子
「ゆめの印刷」
五感に訴えかける未来の印刷、そして実用面も考慮した未来の印刷を
提案してくれました。カレンダーの発想はさすが四季を感じる日本の子です。

=======================

みなさんおめでとうございました
賞に選ばれなくても素直で素晴らしい素敵な作品が集まり
急遽、全作品を会場内に展示しました

「未来」は、凄い業界に成りそうです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プリネクスタッフも志士の心を胸に解散します

パーマリンク 2010/02/07 00:03:06 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

プリントネクスト2010」も2日間のイベントを
無事終える事が出来ました :))

残務処理など まだまだ仕事は残りますが 

プリネクスタッフも志士の心を胸に留め 解散します

次回、打ち上げでお会いしましょう B)

============================
「志士たちよ 東京へ」

「PrintNext2010」 http://www.printnext.jp/

2010年2月5日[金] ~ 6日[土]
会場:椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プリントネクスト2010 最終日(6日)速報

パーマリンク 2010/02/06 22:58:16 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

青年印刷人5団体で構成されるPRINTNEXT2010は、
本日(6日)最終日 三会場のテーマ別ゾーン開催

「人を創り、企業を創り、地域(まち)を創り、日本(くに)を創る~
“印刷”が描く明日のカタチ」をテーマに沿ったゾーンを開催しました

経営者として欠かすことのできない
4つの視座から全4ゾーンを展開

各ゾーン解説
(1)「日本(くに)創りゾーン」(江森克治リーダー)
基調講演などから日本社会の向かうべき方向を探求し、
その中において印刷産業がどうあるべきか、グランドデザインの
探索と提言・発表を行う

(2)「地域(まち)創りゾーン」(添田寛リーダー)
感性価値創造を契機に地域(まち)や地域産業を活かした各地の
連携事例発表と作品(製品)展示。
“愛され、必要とされる業界となり地域活性の核となれ”を念頭に、
業界自体のポジションアップから未来の可能性を見出していく
コンテンツには「街の印刷屋さんから行政とのコラボまで」様々な事例を
用意する。

(3)「企業創りゾーン」(久保井伸輔リーダー)
基本コンセプトは“業態変革実践事例で会場を埋め尽くす!
国内最大の業態変革事例展示発表会”
アイデアの提示や交流を目的とし、業態変革を進めている
全国の印刷会社によるプレゼンテーションや展示を中心に紹介
業態変革100選企業の事例展示またはブース出展、セミナーなどを
計画している。

(4)「人づくりゾーン」(大川哲郎リーダー)
家族や社員、学生に印刷産業の価値や可能性、今を生きる青年印刷人の志に
触れてもらい、共感と感動を与える。

各ゾーンとも志高き志士達の心に響く部屋になったと
思います

前日に懇親会を行った5階が 
業態変革100選企業の事例展示ブースに
衣替えし 多くの見学者がいらしてくれました

=> アワードで賞を取った秋田印刷製本㈱(グランプリ)

=> 弘文印刷㈱(準グランプリ)、

=> ㈱共同印刷所(準グランプリ)

各社も出展していただきました

各部屋のゾーンでは、発表も行われました

☆御宿ゆるキャラ「エビアミーゴ」来場

各ゾーンも好評のうちに終了すると
展示ゾーンのステージ上では 「未来の印刷大賞」の発表が
行われました 作文や絵で大賞を取った子供達へ賞状と記念品を
贈呈し 賞を取った作文を披露してもらいました
こどもに「未来の印刷」を見事に提言した様な文章に拍手の嵐でした

こども達が舞台を降りたら いよいよ最終ステージ
「プリントネクスト2010」を
裏方として支えてきたスタッフが舞台に上がり
臼田全青協議長が閉めの話をして 拍手と共に
閉会いたしました

PRINT NEXT 2010」へ参加いただいた
志士」の皆様、支えていただいた「志士」の皆様、
応援していただいた「志士」の皆様、多くの印刷人の皆様
ありがとうございました

◆次回のプリントネクストで また お会いしましょう

===========================

【開催概要】
 主催 「PRINT NEXT」運営委員会
 日時 平成22年2月5‐6日
 会場 椿山荘(東京都文京区関口2ノ10ノ8)
【プログラム】
 5日 午後3時:セレモニー、午後4時:基調講演、午後6時:懇親会
 6日 午前10時‐午後4時:展示会(ビジネス交流会ほか)、
午前11時‐午後4時:分科会・セミナー(展示会と同時開催)

============================
「志士たちよ 東京へ」

PrintNext2010」 http://www.printnext.jp/

2010年2月5日[金] ~ 6日[土]
会場:椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PRINT NEXT 2010始まる(式典、基調講演、懇親会)

パーマリンク 2010/02/06 01:01:52 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

いよいよ本日(5日)に 印刷組合の若手の主催するイベント
PRINT NEXT 2010」が始まりました

初日の報告を簡単にいたします :>>

会場は全国から集まった印刷人は500名を超えるほどの
印刷人で、熱気に包まれました ;)

実行委員長よりプレゼンテーション~開会宣言で幕を上げ

祝辞を文京区長 成澤 廣修 様
社団法人 日本印刷技術協会 会長 浅野 健 様
よりいただいた後 明日からの 印刷に関した各ゾーン紹介

「人を創り、企業を創り、地域(まち)を創り、日本(くに)を創る~
“印刷”が描く明日のカタチ」をテーマに開催されるプリントネクストの
ゾーンについて説明がありました


サポーター企業の紹介後 いよいよ「基調講演」
講演者は、内閣府特命担当大臣(行政刷新)
公務員制度改革担当大臣 参事官  前田 泰宏 様
全国のモノ作りの会社を足で回って心で変革を感じ取った
お話を 事業仕分けを仕掛けた話も織り込みながら
熱く語っていただきました


最後に全体写真を撮り 1部終了

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

休憩の後は、懇親会 全国の仲間と楽しいお酒が飲めました
各団体紹介あり ;)

PRINTNEXT2010に出展いただいた企業の中からのアワードの発表 
準グランプリ2社、弘文印刷㈱、㈱共同印刷所
グランプリは、秋田印刷製本㈱ 大門一平様 が受賞されました


その他盛り沢山のイベントとなりました


最後にスタッフがミーティングと軽い打上げをし
帰路に着きました 明日は、8時集合 がんばりましょう

【開催概要】
 主催 「PRINT NEXT」運営委員会
 日時 平成22年2月5‐6日
 会場 椿山荘(東京都文京区関口2ノ10ノ8)
【プログラム】
 5日 午後3時:セレモニー、午後4時:基調講演、午後6時:懇親会
 6日 午前10時‐午後4時:展示会(ビジネス交流会ほか)、
午前11時‐午後4時:分科会・セミナー(展示会と同時開催)

============================
志士たちよ 東京へ

PrintNext2010」 http://www.printnext.jp/

2010年2月5日[金] ~ 6日[土]
会場:椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プリントネクスト2010 5日・6日開催

パーマリンク 2010/02/05 01:57:03 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

青年印刷人5団体で構成されるPRINTNEXT2010は、
本日(5日)開催いたします

「人を創り、企業を創り、地域(まち)を創り、日本(くに)を創る~
“印刷”が描く明日のカタチ」をテーマに開催されます


=> 5日は、オープンセレモニーと基調講演、懇親会を行います

=> 6日には、経営者として欠かすことのできない
4つの視座から全4ゾーンを展開します

☆各ゾーンでの具体的実践プランの提案と事例紹介を通じて
参加者のリーダーシップ向上に役立ててください

各ゾーン解説

(1)「日本(くに)創りゾーン」(江森克治リーダー)
基調講演などから日本社会の向かうべき方向を探求し、
その中において印刷産業がどうあるべきか、グランドデザインの
探索と提言・発表を行う

(2)「地域(まち)創りゾーン」(添田寛リーダー)
感性価値創造を契機に地域(まち)や地域産業を活かした各地の
連携事例発表と作品(製品)展示。
“愛され、必要とされる業界となり地域活性の核となれ”を念頭に、
業界自体のポジションアップから未来の可能性を見出していく
コンテンツには「街の印刷屋さんから行政とのコラボまで」様々な事例を
用意する。

(3)「企業創りゾーン」(久保井伸輔リーダー)
基本コンセプトは“業態変革実践事例で会場を埋め尽くす!
国内最大の業態変革事例展示発表会”
アイデアの提示や交流を目的とし、業態変革を進めている
全国の印刷会社によるプレゼンテーションや展示を中心に紹介
業態変革100選企業の事例展示またはブース出展、セミナーなどを
計画している。

(4)「人づくりゾーン」(大川哲郎リーダー)
家族や社員、学生に印刷産業の価値や可能性、今を生きる青年印刷人の志に
触れてもらい、共感と感動を与える。

==================================

【開催概要】
 主催 「PRINT NEXT」運営委員会
 日時 平成22年2月5‐6日
 会場 椿山荘(東京都文京区関口2ノ10ノ8)

【プログラム】
 5日 午後3時:セレモニー、午後4時:基調講演、午後6時:懇親会
 6日 午前10時‐午後4時:展示会(ビジネス交流会ほか)、
午前11時‐午後4時:分科会・セミナー(展示会と同時開催)

プリントネクスト2010の報告は、このブログでも書いていきます
宜しくお願い致します


============================
=> 「志士たちよ 東京へ
プリントネクスト2010でお待ちしています

PrintNext2010」 http://www.printnext.jp/

2010年2月5日[金] ~ 6日[土]
会場:椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東青協 最終定例会の3月開催について

パーマリンク 2010/02/04 12:30:15 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協関連

昨日(2月3日)の役員会において
今期最終定例会の場所と日程が確定しました
下記の日程も含み最終定例会まで宜しくお願いいたします

◆プリントネクスト2010、2月5日・6日
◆定例会2月17日(水)19時~21時:研修講演会
◆最終定例会3月6日~7日

日時:3月6日(土)、 7日(日)
場所:「リゾーピア熱海
担当議長 : 松橋副議長・岩村副議長

当日のスケジュール(予定)
3月6日(土) 16:00  集合
16:30~18:00  定例会(今期の活動報告)
19:30~21:30  楽しい懇親会
3月7日(日) 9:30~11:00  定例会(来期への申し送り)

☆ホテル集合前に行う恒例のイベント
(○○大会、○○見学 等)については
 検討調中の為 スケジュールには入れていません

今後、テレビ・新聞・雑誌・ラジオの4大メディアは・・・

パーマリンク 2010/02/03 11:01:02 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

平成22年も1ヶ月が過ぎました B)

各情報サイトでは、昨年末の報告も出尽した感があるので
考察してみると テレビ・新聞・雑誌・ラジオの4大メディアは、
信用度は高いが 利用度が低下傾向にある
特に今後の利用意向の落ち込みが顕著に表れている

Webでは、YouTube、ニコニコ動画などの「動画共有サービス」、
Ustream.TVなどの「ライブストリーミングサービス」の利用度が
伸びている

情報を得るメディアについては、「blog(ブログ)」「Q&Aサイト」
「フリー百科事典」「動画共有サービス」の認知率が9割以上、
利用経験率も7割以上と高く、インターネットでの情報メディア
としてのポジションを確立していることが確認された

また、Twitterなどの「つぶやき系ミニブログ」は、
初登場ながらすでに認知率が約6割。利用経験率は1割強と限定的だが
今後の利用意向は「個人のblog(ブログ)」「SNS」などと同等の
レベルと健闘、今後の伸びが期待される
(ニュース記事より)

1日の時間は、24時間  書いてはいないが オンラインゲームや
メール等を含めれば Webメディアへの利用時間が増えた分 
4大メディアへの利用率が減ってくる事実は今後も続くだろう

東青協議員としては紙媒体の新聞・雑誌がどうなるのか
心配です 電子媒体に何割の読者が変わっていくのかとか・・・

今後の動向に気をつけていかないといけないと思いました

未来を見据えた「プリントネクスト2010」は
今週 5日(金)・6日(土)に椿山荘で開催されます

=> 「志士たちよ 東京へ
プリントネクスト2010でお待ちしています

============================

PrintNext2010」 http://www.printnext.jp/

2010年2月5日[金]15:00~21:00 セレモニー・基調講演・懇親会
2010年2月6日[土]10:00~17:00 展示会・分科会
・「未来の印刷」表彰式

会場:椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

よろしくお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記事から紙媒体 「本」の今後を考える

パーマリンク 2010/02/03 10:54:11 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

Web上で報道されたニュース記事から「本」について
個人的な見解で書かせていただきます B)

昨年末に話題になりましたが
電子書籍市場で生き残りかけ講談社や小学館など国内の
出版社21社が、「日本電子書籍出版社協会」を発足
させる事を、国内の各メディアが報じている

日本の著作権法では、著述のデジタル化への権利は著者にある
このため、例えばアマゾンが著者に直接声をかけ、著作を
電子化した場合、出版社には一円も費用が入らない

今回の協会発足は、こうした動きを食い止めるのが
狙いとされている(ニュース記事より)

協会は政府への制度的な支援や、著者との交渉により、
デジタル化の権利をあらかじめ確保しておきたい考えなのだろうか
(ラジオコメントより)

一方 漫画『新ブラックジャックによろしく』の著者、
佐藤秀峰氏が自身のウェブサイトで、「紙媒体はもうダメだ」と語り、
話題を集めている。

制作中のオンラインコミック総合サイト『漫画onWeb』や、
同氏のネットでのコミックコンテンツ販売についての記載の中で
以下のように語っている。

「漫画onWeb」について、いろいろなご意見があることは事実です
賛否ともに共通している認識がひとつあります。
それは、「紙媒体はもうダメだ。」と言うことです

活動に賛成の方は
「紙はもうダメだから、あなたの活動を応援します」
と言います

反対の方は
「紙はもうダメだけど、あなたの活動が正解だとは思わない」
と言います

同氏は自身のコンテンツをネット上で提供。
赤字覚悟でのぞむつもりが、売上は思いのほか安定しており、
1日の売上が6万円近いという。
このほか、広告のイラストやインタビューなど出版社が取次がない
タイプの仕事依頼もサイトから入るようになり、
既に自身のWebサイトと「漫画onWeb」の制作費も回収したという

また、同氏は出版社についてサイトで以下のように語っている。

「昨年、数十億円の赤字を出したある大手出版社は、漫画や活字、
ファッション誌などを合わせて70誌程の雑誌を出しておりますが、
その内、60誌以上の雑誌が赤字です。
皆さんも名前を聞けばよくご存知のメジャーな雑誌が、
年間10億とか15億の赤字を出しています。

書籍を見ると、全書籍の売り上げのトップ10は、すべて漫画の単行本が
占めており、今年はそのトップ10内に入っていた漫画作品のうち、
3つが連載終了となっています。
そして、それに替わるヒット作は出ていません。
「恐らく今年は100億以上の赤字を出すだろうと、
業界内ではもっぱらの噂です。」

ハードである電子書籍の日本への投入が迫ってきている現在
日本では書籍電子化の許諾権は著者にあり、
各出版社は今後書籍の電子化が本格化すると見て協会を
立ち上げるなどしているが、今後は著者が独自でコンテンツの
販売を行ったり、出版社以外と組んでビジネスを行う動きも
活発になりそうである
(WEBニュース報道より)

上記の記事を読んだ時「本」の未来についてソフトを創る側でも
ハード(電子書籍の機械)を作る側でも無い
印刷業界もまた 多くの話し合いが必要となってきます

印刷業界を取り巻く環境が 早いスピードで変化しています
地域を越えて 世代を越えて 語り合う時だと思います :.

未来を見据えた「プリントネクスト2010」は
今週 5日(金)・6日(土)に椿山荘で開催されます

=> 「志士たちよ 東京へ
プリントネクスト2010でお待ちしています

============================

PrintNext2010」 http://www.printnext.jp/

2010年2月5日[金]15:00~21:00 セレモニー・基調講演・懇親会
2010年2月6日[土]10:00~17:00 展示会・分科会
・「未来の印刷」表彰式

会場:椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

よろしくお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

就活 同期入社は、ツイッターのフォロアー(受信者)?! 

パーマリンク 2010/02/02 07:13:33 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

2010年1月中旬 ソフトバンクの孫社長は、国会議員26人に
ツイッターの効用に熱弁ふるったそうです B)

社長は大勢の議員に、「当社の30年の事業計画の知恵を聞こうと
ツイッターに書いたら、瞬時に数千人からアイデアが返ってきた。
ツイッターは何百万人の英知を集められる」
とツイッターの効用についての話をしたそうです(報道より)

そう言えば、新聞の新年号の1面に政治家のネット活用の制度改革
の記事が書いてあったけ・・・ :lalala:

ツイッターは、気軽に文章を書き込める掲示板に似た無料のサービスで、
思ったことや聞きたいことを140文字以内でつぶやくように書き込める。
政治家や経済人、芸能人など有名無名のツイッター愛好者が急増しており、
さまざまな分野で活用が広がっている。

ツイッターの活用としていろいろな企画が進行しています
昨年末から「議員用ツイッターサイト」「社長用ツイッターサイト
税理士さんからのつぶやき」(サイト例)などを
オープンしてツイッターを使ったビジネスモデルを模索したりと
ツイッターがビジネスチャンスになるかもしれません

「フジサンケイ ビジネスアイ」の記事によると 
価格比較サイトのECナビでは、ツイッターで座談会への参加を
呼びかけたところ、予想以上に優秀な学生が集まったそうである
「ツイッター」の人材集客力に着目して 2011年の新卒採用を
“つぶやき”式のウェブサービス「ツイッター」で行うのだそうだ
社長のツイッターにアクセスして「ECナビ入りたい!」と返信すれば
2月2、3日に開催する「社内見学ツアー」に参加できる。
応募者は26日現在、約100人に達しているという

日テレはツイッター利用の新番組を発表しました
電波少年型のツイッターを使ったヒッチハイクだそうである

昨今 ツイッターだけでなく ブログを書いたり MIXIなどの
SNSへも参加している人も多い

今、知らないと損をする情報が存在する事実がある
印刷会社を取り巻く環境も日々変化している
何歳になっても日々勉強である :.

未来を見据えた「プリントネクスト2010」は
今週 5日(金)・6日(土)に椿山荘で開催されます

=> 「志士たちよ 東京へ
プリントネクスト2010でお待ちしています

============================

PrintNext2010」 http://www.printnext.jp/

2010年2月5日[金]15:00~21:00 セレモニー・基調講演・懇親会
2010年2月6日[土]10:00~17:00 展示会・分科会
・「未来の印刷」表彰式

会場:椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

よろしくお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中高年の味方 大きいiPhone! 「ipad」 発表

パーマリンク 2010/02/01 13:34:07 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

週末の話題は電子ブックリーダー的なモバイル機「iPad」の発表
だったように感じる B)

米Appleは27日、同社の新製品として9.7V型タッチパネル液晶を
搭載した「iPad」を発表したのだ
 
◆中高年は、小さい文字だと見えないし うまく押せないので助かります

ターゲットとしてiPhoneでは若者かもしれませんが、iPadでは中高年
がターゲットだと思います :lalala:

形状の見た目は大きなiPhone(iPod touch)そのものです
パネルには高精細なIPS液晶を搭載し、画面解像度は
1,024×768ピクセル。

本体サイズは幅189.7×高さ242.8×奥行き13.4mm、重さは約680g
ストレージはフラッシュメモリで、16GB/32GB/64GBの3ラインアップ
無線LANはIEEE 802.11b/g/nに対応。Bluetooth 2.1+EDRを搭載する

写真も見ましたが やはり大きい でも、
中高年は「このiPhoneが、もうちょっと大きくて操作し
やすかったら最高なんだけどね」という感想なんだとか。

実際、画面上でいろいろな操作が複数できないとかいろいろありますが 
ファイル共有機能・無線プリント機能・外部ディスプレイ出力機能など
ビジネス的にも使えそうです

iPadは、電子書籍リーダーとしてもカラー表示が出来るので
子どもも 楽しいめるのではないだろうか ゲームもできるしね

電子化によって「本」がどうなるか心配しているが
「本」を読むのに 電子ブックに流れる人は仕方ないと思う
本好きで たくさん読む人は、金額も安く持ち運びに便利なので
ipadのほうが良いと思うのかもしれません

筆者も読者も困らないとすると 一番困るのは紙媒体が少なくなる
印刷業でしょうか・・・|-|

印刷業界を取り巻く環境が 早いスピードで変化しています
地域を越えて 世代を越えて 語り合う時だと思います :P

=> 「志士たちよ 東京へ
プリントネクスト2010でお待ちしています

============================

PrintNext2010」 http://www.printnext.jp/

2010年2月5日[金]15:00~21:00 セレモニー・基調講演・懇親会
2010年2月6日[土]10:00~17:00 展示会・分科会
・「未来の印刷」表彰式

会場:椿山荘(東京都文京区関口2-10-8 TEL.03-3943-1111)

よろしくお願いします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2010年2月
 << < 現在> >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

東京印刷工業組合(東印工組)に所属する東京青年印刷人協議会(東青協)の 活動を報告する為に 広報担当が製作している独自のブログです。 東青協の活動を多くの印刷関係の方、及び  各支部青年会員・全国青年印刷人協議会(全青協)・印刷産業青年連絡協議会(印青連)等の 方々に 知って頂くために作りました。

検索

XMLフィード

16ブログ     blogtool