« 12月13日開催 C-600 報告2009年2月6日の組合員の集い 募集始まる »

感性 kansei-Japan Design Exhibition-展 in パリ

感性 kansei-Japan Design Exhibition-展 in パリ

パーマリンク 2008/12/09 13:45:14 著者: print メール
カテゴリ: C・印刷関連

全日本印刷工業組合連合会、全国青年印刷人協議会、
感性価値創造プロジェクト が実施主管となっている

感性 kansei-Japan Design Exhibition-」展

展示会タイトル
NIPPON creative printing show vol.1

が 平成20年12月12日~21日 の間
フランス・パリ国立装飾美術館」で開催されている

パリ国立装飾美術館
ルーブル宮の一角に位置し トレンド発信地パリでは、
デザインの殿堂と呼ばれ 歴史と伝統を持つ美術館
(107 Rue de Rivoli, 75001 パリ, フランス)

経済産業省とジェトロの主催で開催されているこの展示は
2008年度~2010年度までの3年間 経済産業省では
「感性価値創造イヤー」と定めており 日本企業・製品の海外に
おける市場拡大支援を目的に策定した 産業振興策
「感性価値創造イニシアティブ」に基づき、優れた製品や
サービスを紹介する展示会の最初のイベントに位置づけられています

*今後も世界各地で「感性価値創造フェア」の開催を予定している

日仏交流150周年記念イベントの一環ともなる展示会では、
タイトルを「NIPPON creative printing show vol.1」と題し、
印刷物の最大の特徴である「五感への訴求力」を軸とした印刷物
について作品の制作テーマを「間(ま)」として製作し、
日本の印刷業界・製品が有する“印刷メディアの力”を
国内外に積極的にPRする貴重な機会にしたいと考えています。


=> 国内の有名な6人のアーティスト

しりあがり寿 氏、稲葉英樹 氏、川上 俊 氏、so+ba氏、
高橋正実 氏、ワビサビ 氏 + 高い技術力を持つ印刷会社

とのコラボレーション作業により
他国が持ち得ない日本古来の精神文化を表現し
感性に満ち溢れたハイレベルな印刷物の出展します

主管でもある 全国青年印刷人協議会のメンバーも
行っているのでパリからの報告を期待しています

写真は、12月8日のパリの街並み

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

モデレーション待ちのフィードバック

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 7 件あります....

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

東京印刷工業組合(東印工組)に所属する東京青年印刷人協議会(東青協)の 活動を報告する為に 広報担当が製作している独自のブログです。 東青協の活動を多くの印刷関係の方、及び  各支部青年会員・全国青年印刷人協議会(全青協)・印刷産業青年連絡協議会(印青連)等の 方々に 知って頂くために作りました。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution