ページ: << 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 53 >>

特別ライセンスプログラム締め切り期日迫る!!

パーマリンク 2010/11/04 11:23:32 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

東青協議員ならびに各支部青年会長の皆様へ

すでに メール等でご存じだと思いますが
全印工連組合員向け「特別ライセンスプログラム」の
参加申し込みの締切日(11月15日)が迫ってきました

締切日に間に合うよう 決断 宜しくおねがいします

=============================

=> 『滝澤 東青協議長』のご案内文

いつも東青協活動にご協力いただき、ありがとうございます。

さて、すでにご案内の
全印工連組合員向け「特別ライセンスプログラム」ですが、
参加申し込みの締切(11月15日)がいよいよ迫ってきました。
この機会を逃すことなく申し込んでいただくため、再度ご案内します。

また、本プログラムのDTP用PCの定義について、
全印工連がAdobe社と調整の結果、さらに参加しやすい条件となっています

すでに申し込みを済ませた皆さんも今一度ご確認ください。
ぜひ、各支部・青年会におけるPRを今一度お願いいたします。

=============================

2010~2011版 東青協議員手帳 配布中

パーマリンク 2010/11/01 13:31:19 著者: print メール
カテゴリ: 2010年

先月のAブロック移動定例会より

2010~2011版 東青協議員手帳

の配布を開始しました

定例会参加の議員には 会場内で 一人二冊 配布
欠席の議員には、事務局より各青年会長宛てに
送付してあります

お手元に無い 東青協議員は、支部青年会会長に
聞いてください

前期より 大きさが変わった議員手帳
今期は、QRコードを入れるなど 力作です

個人情報満載の議員手帳 取扱い・保管にくれぐれも
ご注意ください B)

刷新YOKOHAMAより講演会のお知らせ

パーマリンク 2010/10/30 16:09:07 著者: print メール
カテゴリ: B・東青協以外

東青協議員 及び 各支部青年員 各位

東青協議長より案内が届いたのでお知らせします

東青協議長の滝澤です。
いつも東青協活動にご協力いただき、ありがとうございます。

さて、本日はセミナーのご案内です。
全青協の江森議長(所属・神奈川県工組)から私たち東青協に対して、
神奈川の印刷業界団体である「刷新YOKOHAMA」が主催する
セミナーへお誘いをいただきました。

内容は、Blog、You-Tube、Twitterなどのソーシャルメディアを
印刷業界が今後プロモーションツールとしてどう活用すべきか、
といったことです。
詳細は下記をご覧ください。

=============================

=> 刷新YOKOHAMAより講演会のお知らせ

ソーシャルメディアセミナー Vol1のご案内

ソーシャルメディア活用の海外新潮流
BtoBビジネス、印刷業界の事例を交えて

インターネットがまた新しい広がりを見せている。
1995年後半頃からWEB2.0の時代に突入し、よりインタラクティブに
・より個人が使い勝手よく・より情報を多様に送受信できる時代に入り、
日本でもBlog~You-Tube~Twitterが昨年あたりから激的に活用が
目立ってきている。
そう!ソーシャルメディア時代のはじまりであり、
2010ソーシャルメディア元年である。
では、このソーシャルメディアを単に、個人アピールツールとしての
活用に終わらせてしまってよいのであろうか?
新聞・雑誌・TV・ラジオ等の巨大メディアは、少なくとも
個人をアピールするツールではありえなかったし、
企業アピールも一部の企業しかできないのが現状だ。
理由は簡単だ。製作が複雑な事と莫大な費用がかかること。
これでは、中小企業や個人商店はいつまでたっても社会に
アピールすることはできない。
私たちは、いつまでもメディアを活用できずに、限られた
紙媒体の制作者でなければいけないのであろうか。

刷新YOKOHAMAソーシャルメディアセミナー Vol1では、
ソーシャルカンパニー代表の市川氏をお迎えし、
欧米でのソーシャルメディア最新情報をはじめ、
企業のプロモーションツールとしての活用事例ならびに
印刷~広告業界での活用事例をご紹介いただきます。

言葉が先行して企業活用やクライアントへの提案に
中々踏み切れないとお考えの皆様には必見のセミナーです。
経営者のみならず、印刷業界の広告~製作~デザイン担当者、
プランナー~営業担当者の皆様にもヒントをいくつも
持ち帰っていただけると思います。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

1:日 時:2010年11月10日(水)
18:30〜20:15(18:15開場)

2:会 場:横浜市社会福祉センター ホール(4階)
横浜市中区桜木町1−1(桜木町駅前 救急センター内)

3:プログラム
18:30〜19:30 セミナー
テーマ:ソーシャルメディア活用の海外新潮流
講師:市川裕康氏
株式会社ソーシャルカンパニー代表取締役
http://www.socialcompany.org http://twitter.com/SocialCompany NGO団体、出版社、人材関連企業等を経て2010年3月に独立。
ソーシャルメディア・コンサルタントとして、ツイッター、
フェイスブック、ブログ等を活用したビジネス・コンサルティング、
非営利団体の活動、企業のCSR活動推進・支援に
取り組んでいる。

■連載| 講談社|現代ビジネス『ソーシャルビジネス最前線』
http://gendai.ismedia.jp/category/socialbiz 19:30〜20:15 ディスカッション
テーマ:ソーシャルメディアを活用して変化した事
市川裕康氏
佐藤達也 (刷新YOKOHAMA Leader)

4:費 用 1000円(当日 会場にて徴収)資料代として

5:対象者 印刷業界 経営者・営業担当者・広報担当者・デザイナー・
プランナー・その他 クライアント広報担当者等

6:定 員 200名

7:参加申込方法

メールでの申込 : 社名/参加者名をお知らせください。
メールタイトルに
『11/10刷新YOKOHAMAセミナー参加希望』と
記載ください。

◆送り先メールアドレスは、東青協議員にお聞きください

10月26日 Aブロック移動定例会開催

パーマリンク 2010/10/28 00:30:10 著者: print メール
カテゴリ: 3.報告, 2010年

26日、日本印刷会館2階会議室にて
東青協Aブロック移動定例会」が開催された

=> 参加登録117名

今回 Aブロックのテーマは、「電子書籍

印刷関連の話題として 毎日のように
ハード面(機器 など)・
ソフト面(流通・販売・組織・制作 など)で
記事として取り上げられている「電子書籍」を
青年会目線で取り組んだ企画となった

第一部

萩原誠・東印工組副理事長の講演
印刷会社による電子書籍ビジネス

電子書籍の歴史と共に 電子書籍の役割
紙媒体の役割を 海外での現状を含め
わかりやすく解説いただいた
今後の課題と問題点についても考えさせられる
意味深い講演でした

第二部

パネルディスカッション
萩原副理事長を含め4人の青年会会員による
電子書籍への取り組みに関するパネルディスカッションを
行った

◆ビジネスコラボレーション名簿
東京パスポート

:今回の移動定例会のテーマに合わせ
「電子書籍名簿」を作成、アプリ・PDFとして閲覧可能な
コラボレーション・ツールとして配布した
(後日、閲覧方法を載せます)


今期、第一回目となる移動定例会は21時に無事終了し
場所を変え 「中国家庭料理 大門酒家」にて懇親会を
行った

=========================

滝澤東青協議長からの御礼メール」 *抜粋

皆さん、昨日はお疲れさまでした。

今期最初の移動定例会、
皆さんのお蔭で大盛況、大成功でしたね。
皆さんの能力の高さを改めて感じています。

セミナーのテーマもタイムリーで参加者の関心も高く、
萩原副理事長からは網羅的なお話しをいただけました。
パネルディスカッションも青年会の仲間がパネリストとなり、
等身大の感覚で共感できる部分が多かったです。
(まだまだ能力の高い人材が東京には隠されていますね!)

さらに懇親会の席で仲間の輪が広がることも、
とても大切なことだと改めて感じました。

そしてまた、議員手帳も昨日立派に出来上がりました。
これから大いに活用していきましょう。

さぁ、次は11月13日 全青協東京ブロックです。
*会場:日本印刷会館2階(移動定例会と同じ所)

こちらも濃いコンテンツを用意しており、参加して絶対に
損をさせない内容です。
ぜひとも多くの青年会員に呼びかけをお願いします、
最低100名確保マストです。
今月中の参加申込み締切となっていますので、
どうかよろしくお願いします。

皆さん、引き続き東京の青年会を一緒に盛り上げていきましょう。

「Adobe Acrobat X(アドビ アクロバット テン)」発表

パーマリンク 2010/10/22 22:04:30 著者: print メール
カテゴリ: 7.備考

ニュース記事より

アドビ システムズは2010年10月18日、
=> PDFファイル作成ソフトの新版
「Adobe Acrobat X(アドビ アクロバット テン)」
=> PDF閲覧ソフトの新版
「Adobe Reader X(アドビ リーダー テン)」を発表した。
ソフトは、11月15日に提供を開始

Acrobat Xでは、ユーザーインタフェースを改善し、
より簡単にPDFを活用できるようにした。

機能を効率よく仕事ができるようにした事の他に
複数のPDFファイルなどをまとめる「PDFポートフォリオ」
の機能強化、Microsoft SharePointサーバーとの連携機能、
Microsoft Office 2010とFirefoxへの対応、
Wordファイルへの書き出し機能でレイアウト保持強化など
の改善を施したこと、Excelファイルへの書き出し機能の追加、
PDFの圧縮率を上げたこと、OCR(光学式文字読み取り)
の認識率を上げた 等々

Acrobat Xには「Standard」「Pro」の2種類のパッケージがあったが、
今回その上位製品である「Suite」を追加した
(ProはWindows版とMac OS版があるが、他はWindows版のみ)。
SuiteにはAcrobatのほか、画像処理ソフト「Photoshop CS5」、
Microsoft PowerPointの機能を強化する「Presenter 7」、
画面キャプチャーをする「Captivate 5」、
入力フォームなどを作れる「LifeCycle Designer ES2」、
動画エンコードができる「Media Encoder CS5」を含む。
Acrobatユーザーに役立つ周辺ソフトを集めた

<< 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 53 >>

2017年5月
 << <   > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京印刷工業組合(東印工組)に所属する東京青年印刷人協議会(東青協)の 活動を報告する為に 広報担当が製作している独自のブログです。 東青協の活動を多くの印刷関係の方、及び  各支部青年会員・全国青年印刷人協議会(全青協)・印刷産業青年連絡協議会(印青連)等の 方々に 知って頂くために作りました。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software